VAT Germany Musical instrument

y

ヤンケさんのバイオリンも押収 フランクフルト税関、1億2千万円の関税要求

2012.10.4 09:58
有希・マヌエラ・ヤンケさんとストラディバリウスの「ムンツ」有希・マヌエラ・ヤンケさんとストラディバリウスの「ムンツ」

 ドイツ在住のバイオリニスト、有希・マヌエラ・ヤンケさん(26)が演奏活動に使っているバイオリンの名器、ストラディバリウスの「ムンツ」が、ドイツのフランクフルト国際空港の税関に押収され、約1億2千万円の関税が請求されていたことが4日、分かった。

押収されたストラディバリウスは、イタリアの楽器制作者のストラディバリが1736年に制作したもの。日本音楽財団(東京都港区)が平成9年7月に米国から輸入し購入。ヤンケさんは約5年前の19年11月から同財団から貸与を受けている。

同財団によると、ヤンケさんが日本で演奏会を終え、ドイツに帰国した9月28日に押収された。

税関は、バイオリンの保険対象額を約6億3000万円とし、そのうち19%にあたる約1億2000万円を関税としてヤンケさんに支払うよう求めているという。押収理由について税関は「輸入証明書や貸与契約書はあるが、転売する可能性もある」と説明しているという。

同財団は「青天の霹靂(へきれき)。財団の財産なので、何とか取り戻したい」としている。

同空港の税関では8月、ベルギー在住のバイオリニスト、堀米ゆず子さん(54)のバイオリンが押収され9月、無償で返却されたばかり。

バイオリン名器再び差し押さえ ドイツ税関で

2012年10月4日 12時02分

 有希・マヌエラ・ヤンケさんと差し押さえられたストラディバリウス=9月、東京・赤坂

写真

 ドイツ在住のバイオリニスト、有希・マヌエラ・ヤンケさん(26)が、ドイツのフランクフルト国際空港の税関当局に名器ストラディバリウスを差し押さえられていたことが、日本音楽財団への取材で4日、分かった。関税として1億2千万円を請求されているという。

同空港の税関では8月中旬に、ベルギー在住のバイオリニスト堀米ゆず子さんがバイオリンを差し押さえられ、無償で返却されたばかりだった。

財団によると、押収されたのは1736年製で、財団が所有。2007年11月からヤンケさんに貸与していた。ヤンケさんは日本での演奏会を終え、帰国した9月28日に差し押さえられた。

バイオリン、また押収=独空港

バイオリン、また押収=独空港 << 戻る 次へ >>

独フランクフルト空港で9月28日、バイオリニスト有希・マヌエラ・ヤンケさん(写真)使用の名器・ストラディバリウスが押収されていたことが4日分かった。(Shigeto Imura撮影、日本音楽財団提供) 【時事通信社】

Logo der Bundeszollverwaltung

Customs online > Personal property

Personal property (Article 2 ff. Council Regulation (EEC) No. 918/83)

The constantly strengthening trend towards globalization calls for high levels of geographical flexibility, especially in the occupational sector. But also in the private sphere, more and more have contacts and relationships across borders, and even across continents. It is therefore no longer out of the ordinary for people to go and live in another country. However, having to pay duty on personal property – furniture, clothing, and, in short, the entire “household effects” – would decidedly hamper this development as people wanting to transfer their place of residence to within the EU would be confronted with virtually insurmountable costs. To take account of this, and provided certain conditions are fulfilled, EU customs law allows socalled “personal property” to be exempted from the import duties/taxes that would normally be payable on it.

globeWhat is personal property?

One of the most important questions for anyone planning to transfer their place of residence from a third country to the EU is doubtless which of their goods and chattels are eligible for relief from duties and which ones are not. As the term “personal property” by itself is capable of interpretation and may lead to misunderstandings, a definition of what constitutes “personal property” is contained in Council Regulation (EEC) No. 918/83 (Article 1 Clause 2 Letters c) and d) of the Regulation). According to this, personal property comprises:

  • Household effects,
    i.e. all personal effects, household linen, furnishings and equipment intended for personal use by the beneficiary or in the household;
  • Private vehicles of all kinds,
    i.e. cycles and motor cycles, private motor vehicles (and their trailers), camping caravans, pleasure water craft and private aeroplanes;
  • Household provisions,
    in quantities appropriate to normal family requirements – meaning appropriate at the former place of residence in the third country;
  • Pets and saddle animals;
  • Portable instruments and equipment needed for the exercise of skilled or professional activities provided the person transferring his/place of residence needs them for exercise of his/her profession.

A common requirement for all these items is that although they are not subject to any specific quantity restrictions, they must not, by their nature or quantity, indicate that they are being imported for commercial reasons. Thus, if a person were to declare twenty new bicycles as personal property, this would certainly give rise to the suspicion that he/she had the intention of selling them in the customs territory of the Community without paying duty on them.

What does not count as personal property?

According to the Regulation (Article 5), the following do not count as personal property:

  • Alcoholic products,
    i.e. beer, wine, aperitifs with a wine or alcohol base, brandy, liqueur, spirits etc.;
  • Tobacco and tobacco products;
  • Commercial vehicles;
  • Items for commercial use, except portable instruments and equipment needed for skilled and professional activities.

Basic requirements

  1. on the part of the beneficiary:
    The most important precondition on the part of the beneficiary for the granting of customs relief on personal property is that the relocating person – who must be a natural person – is transferring his/her normal place of residence to the customs territory of the Community(Article 2 of the Regulation).Additionally, before moving into the EU, the beneficiary must have lived – i.e. have had his/her normal residence – for at least twelve months outside the customs territory of the Community (EU) (Article 4 of the Regulation). Exceptions from this rule are, however, possible, if the beneficiary can show that he/she at least clearly intended to live for twelve months or more outside the EU.Example:
    A German employee transfers his normal place of residence from Berlin to Mexico City in order to take up a new job there. For health reasons, however, he is forced to give up the job after only ten months and return to Germany. In this case, it is no problem that he has lived abroad for less than twelve months as it was his clear intention – as proved by his employment contract – to live in Mexico permanently. His personal property, which he has entered for release for free circulation within the EU customs territory, is therefore eligible for relief from duty.
  2. on the part of the personal property:
    The goods which have been declared as personal property must also fulfil certain conditions in order to qualify for exemption from import duties. First, the goods must constitute personal property within the meaning of the Regulation (Article 1 Clause 2 Letter c) of the Regulation); they must also not be excluded from relief under Article 5 of the Regulation (see above). Additionally, the goods must be the actual property of the beneficiary and have been used by him/her – in the case of non-consumable goods – for at least six months prior to transfer of the normal residence to the EU (Article 3 Letter a) of the Regulation). Proof of this must be provided in the form of invoices, purchase contracts etc. Additionally, the personal property may only be used at the new place of residence in the EUfor the same purposes as at the former place of residence (Article 3 Letter b) of the Regulation).Finally, customs relief may only be granted if the personal property is entered for free circulation within twelve months from the person concerned establishing his/her normal place of residence within the EU (Article 6 of the Regulation). That need not be done all at once, and the beneficiary can import his/her personal property in several part-consignments, but altogether, the twelve-month limit must not be exceeded. For all further details, e.g. premature import of the personal property, non-compliance with the twelve-month limit, please contact your competent customs office.
    Clearance of the personal property by a German customs office will be conditional on the personal property being initially used for the intended purpose in Germany itself, i.e.if the new place of residence – even if only temporarily – is in Germany.Where motor vehicles or private aeroplanes are declared as personal property, a certification by the competent authority in the third country must be presented as proof that the vehicle or aeroplane was registered in that country in the name of the person concerned.

Forms/Customs declaration

In the case of goods for which it is intended to claim special relief, the application for release for free free circulation must always be made in writing. To apply for relief, Form 0350 (Vordruck 0350) “Zollanmeldung für die Überführung von Übersiedlungsgut in den zollrechtlich freien Verkehr zur besonderen Verwendung” must be used.

Note:
Pursuant to German motor vehicle tax law (“Kraftfahrzeugsteuergesetz” – KraftStG), motor vehicle road tax must be paid on vehicles which are registered in a third country and which are declared at a German border customs post for release into free circulation in the customs territory – e.g. as personal property – if they drive into the customs territory of the Community on their own wheels. The law does not provide for any exemption for journeys to the place of registration in Germany. The driver must present a tax declaration form to the German border customs post and pay the tax immediately. After payment of the tax, the border customs post will issue a tax card with receipt as proof of payment.

Use for intended purpose only

In order to prevent goods from being imported as personal property duty-free although they are in fact intended for commercial use, the personal property will remain under customs supervision even after release for free circulation in the customs territory. This means that the owner has only a limited right of disposal in relation to the personal property. Thus, for a period of twelve months starting from the date of receipt of the application for release for free circulation, the owner may not transfer or assign the personal property to any other person; i.e. he/she may, in particular, not:

  • lend,
  • give as security,
  • hire out,
  • sell or
  • give the property away.

In the event of any breach of this provision, i.e. if the owner should withdraw the goods from customs supervision, the customs relief will become void and the import duties and taxes due on the goods will be charged; other fines or punishments may also be imposed (Article 7 of the Regulation).

Import VAT and special excise duties

Goods which are deemed personal property within the meaning of the law and as such are released for free circulation with relief from customs are also exempt from both import VAT and any other special excise duties which would otherwise normally apply (§ 1 Clause 1 EUStBV (Import VAT Relief Ordinance), § 1 Clause 1 No. 1 EVerbrStBV (Import Excise Duty relief Orinance)).

The Member States of the European Union

The following 27 states are the members of the European Union:

  • Belgium (member since 1958)
  • Germany (member since 1958)
  • France (member since 1958)
  • Italy (member since 1958)
  • Luxembourg (member since 1958)
  • the Netherlands (member since 1958)
  • Denmark (member since 1973)
  • United Kingdom (member since 1973)
  • Ireland (member since 1973)
  • Greece (member since 1981)
  • Portugal (member since 1986)
  • Spain (member since 1986)
  • Austria (member since 1995)
  • Finland (member since 1995)
  • Sweden (member since 1995)
  • Czech Republic (member since 2004)
  • Estonia (member since 2004)
  • Cyprus (member since 2004)
  • Latvia (member since 2004)
  • Lithuania (member since 2004)
  • Hungary (member since 2004)
  • Malta (member since 2004)
  • Poland (member since 2004)
  • Slovenia (member since 2004)
  • Slovak Republic (member since 2004)
  • Bulgaria (member since 2007)
  • Rumania (member since 2007)

Zollgebiet der Gemeinschaft im Jahr 2007

通関諸規定

EU域外諸国からの入国に際しての課税基準

1.基本的な課税基準

個人的使用目的であっても、EU域外から持ち込む物品の価値が合計430€を超える場合は、課税(関税・輸入売上税又は特定消費税)されま す。(ただし、コーヒー、たばこ、アルコール飲料は課税基準が異なります)。物品を持ち出した国がドイツと特恵関税協定を結んでいる場合は、10%が課税 されます。(この場合でも、例外として、ワイン等殆どの農産物には13.5%が課税されます。)

関税の種類には、輸入関税(Zoll-Euro)、農業税、石炭鉄鋼共同体製品税、アンチダンピング税、特定消費税にはタバコ税、コーヒー税、酒税、鉱油税などがあります。

前述の、特恵関税協定を結んでいる国から持ち込む物品の多くには、関税はかかりません(つまり、輸入売上税・特定消費税のみが掛かることになります)。

上記基準にあてはまらない場合には、書面での申告が必要になります。

現在の輸入売上税率は原則として19%です(2007年1月以降)。農産物や、書籍、絵画、切手等は7%が適用されます。関税については、約5000種類の物品について各々税率が決められています。

2.非課税上限が定められている物品

ドイツに持ち込まれる手荷物中の物品のうち以下の物は、規定の量を超えない場合、商業目的でない限り課税の対象にはなりません。ただし、旅行者が個人的に手荷物として携帯することが条件となります。

(i) たばこ類(17歳以上に適用)
紙巻きたばこ
200 本
或いは
小型葉巻
100 本
或いは
葉巻
50 本
或いは
刻みたばこ
250グラム
(ii) アルコール飲料(17歳以下の場合は、以下の量を超えない場合も課税されます。)
酒類(アルコール度22%以上)又は アルコール度80%以上の非変性アルコール
1 リットル
或いは
スピリッツ、ワイン他アルコール飲料を原料とするアペリティフ、ラム酒、日本酒等、アルコール度22%以下の酒類
2 リットル
或いは
非発泡ワイン
2 リットル
及び
ビール
16 リットル
(iii)薬品
旅行客の個人的服用量
(vi)車両用燃料
既に給油されたガソリン等の車両用燃料以外に、10リットルまでの燃料
(v)その他
物品合計300€迄空路/海路での入国に際しては430€迄15際以下の旅行者の場合は175€迄

 また、ドイツから一旦EU域外へ持ち出し、ドイツに再び持ち込む物品についても、課税の対象にはなりません。※これを証明するためには、所定 の書式に記入の上、ドイツ出国時に税関に提出して証明を受け、これを再入国時に提示することが必要です。この際使用する書式「INF3」は空港の各税関で も入手できます。

  <税関からのアドバイス>  

空港には2つの通関窓口、「申告の不要な方(Anmeldefreie Waren)」(緑の看板のついた通路)と、「申告の必要がある品物をお持ちの方 (Anmeldepflichtige Waren)」(赤の看板のついた通路)の通路があります。
EU域外から空路でドイツに入国される場合、どちらの通路を通るかによって、ご自身が、それぞれの税関職員よりの質問に答える義務を負うことになります。
申告の必要がある物品をお持ちの方は、赤の通路をお通りの上、申告・納付手続きを行って下さい。 緑の通路(申告不要)を通られる場合、基本的 には手続きをすることなく通関することが出来ますが、濫用を防ぐため、税関職員は抜打ち検査をすることがあります。抜打ち検査で課税対象となる物 品が見つかった際には、密輸(脱税)となります。申告が必要かどうか悩ま れた場合には、赤の通路を通ることをお奨めします。

 課税の基準となる物品価値は、基本的には実際に物品購入時に支払われた額をもとに計算されます。購入額を証明する為には、外国で買物されたときの領 収書をお持ちになっていること(出来れば英語のもの)が望ましいです。※例えばパソコンの場合、シリアルナンバーが書かれていれば日本語の領収書でも参考 になりますので、出来るだけ携帯されることをお奨めします。
領収書がない場合には、同様の物品の輸入価値より類推して計算されること になります。

※詳細については各税関にお問い合わせ下さい。

Hauptzollamt Bielefeld Lohbreite 6,
33607 Bielefeld
Tel. 0521-3047-0
Fax: 0521-3047-100
Hauptzollamt Bochum Am Bergbaumuseum 43, 44791 Bochum Tel. 0234-9588-0
Fax: 0234-581435
Hauptzollamt Dortmund Hainallee 1,
44139 Dortmund
Tel. 0231-95710
Fax: 0231-9571-140
Hauptzollamt Düsseldorf Am Stufstock 1-7, 40231 Düsseldorf Tel. 0211-2101-0
Fax: 0211-2101-222
Zollamt Düsseldorf Flughafen デュッセルドルフ
空港
Tel. 0211-421 6927 (24時間ホットライン)
Hauptzollamt Duisburg Saarstraße 6-8, 47058 Duisburg Tel. 0203-3008-0
Fax: 0203-3008-129
Hauptzollamt Emmerich Parkring 6, 46446 Emmerich Tel. 02822-961-0
Fax: 02822-961-107
Hauptzollamt Krefeld Jungfernweg 40, 47799 Krefeld Tel. 02151-850-0
Fax: 02151-850-111
Hauptzollamt Münster Sonnenstraße 85/89, 48143 Münster Tel. 0251-4814-0
Fax: 0251-4814-200
Hauptzollamt Paderborn Bahnhofstraße 4-6, 33102 Paderborn Tel. 05251-2998-0
Fax: 05251-2998-20
Hauptzollamt Wuppertal Zollstraße 4, 42103 Wuppertal Tel. 0202-4925-0
Fax. 0202-4925-104
2011年07月18日(月)

ノートパソコンって税関申告してます?

テーマ:トラベル-Tip 先週、勤務先の会社で注意文書が回ってました。
『ドイツへ社用のノートパソコンを持ち込む際には、税関申告をしてください。』というもの。

これって、恐らく、ドイツで社用のノートパソコンと商品見本をいっしょに持ち込んだ際に、緑色のレーンを通ったら高額な制裁金を請求された事案から来ていると思うのですが、文書を発行したのが海外出張がまるっきしない総務なので、何か意味不明。

基になっているのは多分コレ
ミュンヘン国際空港(フランツ・ヨーゼフ・シュトラウス空港)における通関手続きについて

案の定、海外によく行っている私のところに海外出張に行ったことが無いとある役員から質問が来ました。

「実際に、申告したことがあるか?」とかなんですが、申告したことはありませんということを伝えたら、なんか、「コンプライアンス違反だ。」と難癖をつけてきました。
人に質問しておいて、この態度は・・・

「そもそも、EU域内でもドイツは厳しいとこ。
例えば、フランス行きでドイツ乗り継ぎの場合、手荷物だったら最初の入国地ドイツで申告義務があるが、預け荷物の場合は到着地で申告となる。フランスは旅行中に使用し持ち帰るノートパソコンは免税で申告不要と決まっているため預け荷物にしたら申告義務は無い。
また、ドイツの持込物品の価値が合計430ユーロを超えなければもともと申告義務なんか無い。私の個人的に使用しているパソコンはONKYOの2万円台で買ったものだし、デジカメや携帯電話と合わせても430ユーロの価値は無い。」とかなり、怒って言っておきました。
実際に、購入したばかりだったとすると430ユーロを超える可能性があるのですが、全部が新品ってことはまず無いですからね。

で、最初に紹介した在ミュンヘン領事館の文書の注意書きを読んでみると、次の記載があります。

中古品や会社の備品であっても、EU域外から持ち込む物品の価値が合計430ユーロを超える場合(15歳以 下の場合は175ユーロを超える場合)には申告が必要です。短期滞在者が個人的に使用する物品は原則として非課税となりますが、不申告の場合には違反と判 断される場合がありますのでご注意ください。

まとめてみると、次のとおり。
・物品価値が合計430ユーロを超える場合は申告が必要
・短期滞在者が個人的に使用する物品は非課税
・不申告の場合には違反と判断される場合がある

ということ。
したがって、合計430ユーロを超える場合にはとりあえず申告したほうが良さそう。
申告といっても実際には赤いレーンを通って個人的に使用し滞在後日本へ持ち帰る○○を持っています。滞在期間は○日間、と言うだけで済むと思います。

ドイツの税関ってあんまり印象が無いのですが、実際に免税になるものを申告しなかったから不申告で違反と言うのは他のEU諸国の税関と比較してもかなりム リがあるような気がしますし、そういった観点から領事館から注意喚起をされているのだと思いますが、高価なものをドイツに持ち込む場合は注意したほうが良 さそうです。

なお、税関の規則は頻繁に変更となります。
旅行の際には最新の情報を収集され注意する事をオススメします。
また、商用渡航の場合には一般的な旅行者よりも規則が厳しい場合がありますのでご注意ください。

ドイツで観光する際の税関について

  • 2007-12-09投稿
  • 回答締切済
  • 回答4件

締切済

「ドイツ:フランクフルト国際空港における税関トラブル」という文書を見て、(http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info.asp?num=2007C295)ちょっと調べてみました。文書での事例はどれもお仕事で入国されたときの話のようですが、個人が観光で持ち込んだPCやデジカメに課税されたとかされそうになったとかという記事も複数見つけて、心配になっています。

来週からドイツへ10日ほど個人旅行で観光に行きます。クリスマス時期で街が綺麗だろうと思ったので、手持ちのコンパクトカメラでは物足りなく思い、デジタル一眼レフを新調したばかりです。

なぜ帰国の際に持ち帰る私物に課税されたり、されそうになったりするのでしょう?ドイツでは高価な電化製品などは、持ち込むだけで関税をはらわなければいけないのでしょうか?確かに、免税品リストにPCやカメラとは書いてありません。

払う事が義務づけられているならばちゃんと払おうと思っているので、こっそり持ち込もうとして捕まって追徴金などで何千ユーロも…ということはしたくありません。どのような書類を揃えて行けば適正な金額で済むでしょう?

また、払う義務がないのだとしたら、「課税されるかされないかは係員の裁量次第」という記事も一部で見ました。こっそり持ち込んで売るのではと思われた時 だと思うのですが、これは全くの私物で現地で売ったりするつもりはないんだ、ということを証明するにはどうしたらいいのでしょうか?

フランクフルト空港で乗り継いで、入国するのはドレスデン空港です。厳しいのはフランクフルト空港の税関だと聞いていますが、地方の空港での様子をご存知の方がいらしたらよろしくお願いします。

こんにちわ。kanachaさん。

私も必要があって調べてみたのですが、いまいちはっきりせず、確かに係員の裁量によるところがありそうです。厳密には申告しないとだめなようにしか思えな いのですが、旅行者ならたぶん大丈夫ではないでしょうか。私はドイツ在住なので、捕まったこともあり、そこからの経験から以下のように理解しています。

・1点が175EUR以上のものが課税の対象になるようです。
フランクフルト空港で申告したことがあり、35000円と12000円の領収書を見せたところ、35000円の方だけが課税対象だから12000円の方はいらないといわれました。

・ドイツ在住の人は厳しいようです。
申告した際、パスポートを見せるように言われ、日本のパスポートを見せたら、ちょっと怪訝な顔をしましたが、ドイツのビザを見て、ああ、なるほど、とい う顔をしました。日本人の旅行客には関係ないように思いますが、旅行客・出張者は適用外ということが明記してあるのを見たことがありません。厳密には旅行 者にも適用されるが、実際には適用していない(=係員の裁量)になっているように思えるのですが、勝手な推測なので、正しいかどうかはわかりません。

・新品の箱はだめ
新品のノートパソコンを箱ごと持っていくと旅行者でも課税されたと聞いたことがあります。転売可能な状態と思われるとよくないようです。

・段ボール箱やTAX FREEと書いた袋はつかまりやすい
日本の免税店で買ったものは日本の税金は免税ですが、ドイツの税関とは関係ありませんので、つかまります。ダンボール箱も目を付けられやすいです。

・タバコは1カートン以上は罰金です。(捨てるといってもだめで支払わされるらしいです。EU圏内でも税率が違うので、EU圏内の移動でも罰金の対象のようです。)

・関税は16%だったように思います(うろ覚え)。未申告でつかまった場合、関税はその場で支払うことになりますが(カード払い可でした)、高額な場合に は後日罰金が請求され、本体価格と同等程度の金額を払わされることがあるらしいです。(20万円のものを持ち込んでつかまって、20万円くらい罰金をは らったと聞いたことがあります。)

・ミュンヘン空港の預け入れの荷物を返す前に、X線検査をしているらしいといううわさを聞いたことがあります。マークしてある荷物を持って出るときにその人を捕まえるらしいです。本当かどうかは知りません。
不審な行動はだめです。自分はつかまると面倒なので、係員がいなくなるタイミングを見計らって出口から出ようとしたことがあるのですが、逆にそれがあやし いと思われたようで、出口から出ようとするところで、猛スピードで係員が出てきて検査させられました。たぶん隠しカメラで不審な行動をしている人を見てい るのだと思います。よく見るといろんなところに監視カメラがついています。

フランクフルトで乗り換えということは、フランクフルトの税関を通ることになるので気をつけてください。フランクフルトで降りるとパスポートコントロール がありますが、その裏に税関職員が待っています。預けた荷物は持っていない状態ですが、手荷物に対して調べているようです。ドレスデンについた後も、荷物 を受け取った後に税関があると思います。

気をつけてくださいといっても、気の付けようがありませんが、片っ端から調べているわけでもないので、目立たないようにしているのが一番と思います。

問題のある投稿を連絡する

お礼

詳しいご回答をありがとうございました。経験者の方のお話が直接うかがえてとても参考になりました。

個人旅行で交通機関を使っての移動なので、キャリーケースとボストンバック各1個で行きます。
キャリーケースは日本の自宅まで取りにきてもらってドレスデン空港で受け取る手配にしてありますが、そこにカメラを入れるのは心配なので手荷物で持って行きます。
フランクフルト空港のパスポートコントロールの後で調べられる事になりますね。

カメラは8万円程度のものなので、関税が16パーセントとすれば12800円。…微妙な金額です。
ご回答いただいたみなさんの意見を総合すると、やはり係員次第ということになりそうなので、未申告で行く公算が大きいです。ありがとうございました。(by kanachaさん)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120822/k10014442591000.html

世界的バイオリニスト、堀米ゆず子さんの所有するバイオリンがドイツ・フランクフルト国際空港の税関で押収されたと話題になっています。

東京からベルギーに帰国する際に乗り換えたドイツのフランクフルト空港でトラブルが起きる

家族と一緒に住んでいるベルギーのブリュッセルに向かう途中でトラブルが起きました。

所有するバイオリンに密輸の疑いをかけられ押収される

高額商品を持ち込む際に必要な税関への事前の申告を怠ったのが原因で押収されたようです。

約3800万円の支払いを求められている

バイオリンの名器と言われている「ガルネリ」の評価額(約1億円)の19%(1900万円)に当たる付加価値税(消費税)と更に罰則課徴金(1900万円)の支払いを求められています。

ドイツの税関トラブル事例

取材目的でドイツに持ち込んだ報道関係者が、機内に持ち込んでいた機材を申告しなかったことで約300万円におよぶ支払いを命じられる

機内に持ち込んだノートPCを申告しかなかったことで約10万円以上の支払いを命じられる

オーストリア行の便に乗り継ごうとしていたビジネスマンが、所持していた商品サンプルを申告しなかったことで約20万円ほどの支払いを命じられる

出典ameblo.jp

もし制止を振り切って立ち去ろうとした場合は、公務執行妨害と判断されて拘束される場合があります。

なぜトラブルが続出するのか

免税範囲外のものを税関窓口で申告しなかったことが問題

今回トラブルが起きたドイツ・フランクフルト空港では、機内持込荷物用と機内預入荷物と合計2回の税関申告が必要となります。それを知らなかった多数の日本人がトラブルを経験しているようです。

免税範囲外のものを持っている場合は、赤の列。特に持っていない場合は、緑の列から出ます。バイオリニストの堀米ゆず子さんは緑の列から出てしまい、しかも抜き打ち検査に引っかかり、今回の騒動に発展しました。

トラブルに遭わないポイント!?

常に「赤い税関ゲート」を使用する

申告義務があるかどうか分からない時は赤いゲートを利用した方がいいと思います。

全部ではありませんが、特に女性の税関員が厳しい

女性の方がちゃんと仕事をしているということでしょうか。

空いている税関は避けた方がよさそう

所持している荷物がたくさんあると格好のカモと思われてしまうかもしれません。

ドイツに持ち込める範囲

出典ameblo.jp

10000ユーロ(約100万円)以下であれば申告なしで大丈夫です。超える場合は税関への所得額申請が必要になります。

ドイツの持込物品の価値が合計430ユーロ(約4.2万円)を超え無ければ申告は必要ありません。15歳未満の場合は合計175ユーロ(約1.7万円)まで。

ワイン2リットル
スピリッツ1リットル
ビール16リットル

※17歳以上の旅行者のみ

紙巻タバコ200本
シガリロ100本
葉巻50本
紙巻用タバコ250g

※17歳以上の旅行者のみ

ドイツに持ち込めないもの

ドイツではナチス時代の事を賛美する事を禁止する法律があります。ナチスのシンボルを示すものは全て持ち込めません。

日本でも同様ですが特許(意匠)の侵害をしている模倣品・海賊版は持ち込めません。

肉製品、卵、乳製品などは持ち込めません。マヨネーズも禁止されています。見つかると没収されるので注意してください。

関連リンク

在ルクセンブルク日本国大使館はフランクフルト国際空港における税関トラブルについて注意喚起をしていますよ。

english version

ドイツの税関サイトです。※英語

税関トラブル ドイツ・フランクフルト空港は要注意です!

By admin | 9月 23, 2007

どこの国でも入国審査の時には緊張するものですよね。それでも、比較的日本人だと楽に入国審査を突破できる場合が多い・・・と思いがちですが、うっかりしていると多額の罰金(税金・追徴金)を請求されてしまうなんてことも。。。

ドイツのフランクフルト空港 税関検査 からのレポートです。ルフトハンザや日本航空を利用しフランクフルト空港またはミュンヘン空港乗継、ドイツ国内はもちろん欧州各国(シェンゲン協定国)へ渡航される特に出張者の方はご一読下さいませ。

*つまり、ドイツで入国審査を受ける方です。

フランクフルト国際空港での通関に際してのトラブルが多発しておりま
す。特に同空港の構造上、到着ターミナルによっては入国審査の直後に設置
された機内持込荷物用の税関窓口を通過することになり、機内預入荷物と合
わせて2回の申告を要することになります。悪意の有無にかかわらず、税関
への申告がなかったとみなされた場合には、多額の税・追徴金を課された
り、物品を税関に預け置くよう指示されることがあります。
フランクフルト国際空港からドイツに入国又は第三国に向かわれる方は、
通関の際は思い込みや他国での経験に頼ることなく、正確な申告を心掛けて
ください。

1.機内持込荷物の申告
商談目的でフランクフルトに到着したビジネスマンが、機内に持ち込ん
だアタッシュケース内の商品サンプルとプレゼンテーション用パソコンを
申告せずに緑の税関ゲート(申告すべき物品を所持しない入国者用ゲー
ト)を通過したところ、税関職員に呼び止められ、不申告を指摘されまし
た。申告しなかったサンプルやパソコンは再度日本に持ち帰る物であり、
申告を要しないと思い込んでいた旨税関職員に抗議したが認められず、総
額1,000ユーロ以上の支払を命じられました。
※たとえ日本に持ち帰ることが明らかな物品であっても、申告は必要で
す。他国で指摘された際に勘違いであったと主張して通関できたことが
あったとしても、ドイツではあくまで不申告とみなされ、関税・付加価
値税の他、追徴金が請求されることになります。

2.ATAカルネ
放送用機材を取材目的でドイツに持ち込んだ報道関係者が、機内に持ち
込んでいた機材を申告せず通過、不申告を指摘されて3万ユーロにおよぶ
支払を命じられました。同人は預入荷物内にも放送用機材を入れており、
また仕事で同空港を何度も利用していたことから、預入荷物を受け取った
後、受取所内にある税関窓口にて、ATAカルネを示して一緒に申告するつ
もりであった旨、税関職員に強く主張しましたが、2か所の税関窓口それ
ぞれで申告しなければならないと指摘されました。
※前述のように、到着ターミナルによっては2か所の税関窓口を通過する
ことになりますが、空港税関によると、通関時は各窓口にて、そのとき
の所持品についてそれぞれ申告すべきであり、本件のように、ATAカル
ネを所持していることから後に申告する意思が明らかなケースであって
も、規則違反の指摘は免れないとのことです。もちろん後で異議申立手
続を取ることはできますが、いずれにせよ、いったんは多額の現金を支
払わなければならず、ビジネスに大きな影響を及ぼします。
※ATAカルネは通関を保証する書類ではありません。疑問点があれば、必
ずその場の税関職員に申告して相談してください。

3.乗り継ぎ利用
日本からフランクフルト空港を経由し、オーストリア行の便に乗り継ご
うとしていたビジネスマンが、オーストリアに入国した際に申告すればよ
いと思い込み、所持していた商品サンプルを申告せず税関窓口を通過した
ところ、税関職員に指摘されて、不申告として2,000ユーロ近い金額を請
求されました。
※シェンゲン協定加盟国への乗り継ぎの場合、入国審査は最初の到着地で
行われます。同時に持ち込み物品の申告も行う必要があります。例え最
終持込先がドイツ以外の国であっても、最初の到着地で課税されます。
特に目的地の通関が比較的緩やかな場合、フランクフルトでの厳しい審
査に耐えられるだけの準備がされていないことが多く、結果として多額
の税・追徴金を課されるケースが多くみられ、注意が必要です。

(問い合わせ先)
○外務省海外安全相談センター(国別安全情報等)
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
○外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp/
○在フランクフルト日本国総領事館
電話: (49-69) 2385730

This entry was posted in ヨーロッパの情報, 出入国情報, 空港情報. Bookmark the permalink. Comments are closed, but you can leave a trackback: Trackback URL.

バイオリン、また押収=関税1億2000万円要求-独空港

バイオリニストの有希・マヌエラ・ヤンケさんとストラディバリウス「ムンツ」=Shigeto Imura撮影、日本音楽財団提供

 ドイツ・フランクフルト国際空港で9月28日、同国在住の若手バイオリニスト、有希・マヌエラ・ヤンケさん(26)が使用する名器「ストラディバリウ ス」が税関当局に押収されていたことが4日、分かった。楽器をヤンケさんに貸与している日本音楽財団(東京)の関係者が明らかにした。
楽器は1736年製の「ムンツ」で、時価6億円程度とみられている。税関当局は関税として約118万ユーロ(約1億2000万円)の支払いを要求しているという。財団側は無償での返還を求めている。ヤンケさんは日本での演奏会を終えた後、ドイツに戻ったところだった。
ヤンケさんはドイツ人の父と日本人の母を持つ。2004年にパガニーニ国際コンクールで1位なしの最高位2位に入り、世界的に活躍。07年からこの楽器を使ってきた。
財団関係者は「(ヤンケさんは)貸与契約書など必要書類を持っており、万全だと思っている。こういう事態が続けば、多くの演奏家の活動に悪影響が出ることは間違いない」と懸念を示した。
8月にはベルギー在住のバイオリニスト、堀米ゆず子さん(54)もフランクフルト国際空港で愛用のバイオリンを押収されたが、結局、罰金などは科されずに返されることになった。(2012/10/04-12:36)

独税関 またバイオリン名器押収 ストラディバリウスに1.2億円請求

2012年10月4日 朝刊

 【ベルリン=宮本隆彦】ドイツ在住の若手バイオリニスト、有希・マヌエラ・ヤンケさん(26)が、日本音楽財団(東京)から貸与され演奏活動に 使っているバイオリンの名器ストラディバリウスを、ドイツ・フランクフルト国際空港の税関に押収されていたことが分かった。関税として約一億二千万円を請 求されているという。

 押収されたのは、イタリアの名工ストラディバリが最晩年に制作した一七三六年製の「ムンツ」。財団が所有し、五年前からヤンケさんが借りている。

 ヤンケさんが日本で演奏会を終え、ドイツに帰国した九月二十八日に押収された。貸与の契約書や日本での納税証明書など必要書類はそろっていたが、ドイツ税関は「転売しない保証がない」との理由で持ち込みを認めなかった。

 税関が発行した書類は、バイオリンの時価を保険額から六億円余りとし、19%の一億二千万円弱を関税として払うよう求めている。同空港税関は本紙の電話取材に「個別の案件には答えられない」と話した。

 仕事の「道具」は通常、免税扱いのため、財団は無償での返還を求める。

 同空港の税関では八月中旬にも、ベルギー在住のバイオリニスト堀米ゆず子さん(54)が同様に高価なバイオリンを押収され、九月下旬に無償で返却されたばかり。ドイツ税関の対応は不可解で、日本の音楽関係者は「日独の文化交流に悪影響が出る」と懸念している。

 ヤンケさんはドイツ人の父と日本人の母を持つ。二〇〇四年のパガニーニ国際コンクールで一位なしの二位で最高位となった。

◆押収とても残念だ

 塩見和子・日本音楽財団理事長の話 楽器の貸与に際して演奏者の国籍を問わないのが当財団の特徴。複数のドイツ人にも貸し出している。そうした貢献は世界的に高く評価されており、今回の事態はとても残念だ。

2012年10月4日10時1分

 

日系演奏家のストラディバリウスも押収 独の空港で

 ドイツ国籍のバイオリニスト、有希・マヌエラ・ヤンケさん(26)が先月28日、日本からの帰路、独フランクフルト空港の税関で愛器を押収されたこと が、日本音楽財団への連絡でわかった。ヤンケさんは2007年、チャイコフスキー国際コンクール3位入賞。ドイツ人の父親と日本人の母親の間に生まれ、現 在はドレスデン州立歌劇場管弦楽団のコンサートミストレスを務めている。

押収されたのは1736年製のストラディバリウスで、日本財団の助成を受ける日本音楽財団から貸与されている。財団は現在計20器の弦楽器を保有してお り、樫本大進さんや諏訪内晶子さんら、国際的に活躍する演奏家たちに無料で貸与してきた。財団によると、ヤンケさんは貸与証明書と楽器の写真、保険証書な どを一式携帯していたが「欧州連合(EU)内で売る可能性がないとは言い切れない」との理由で押収されたという。

財団の塩見和子理事長は「私たちはドイツを含む世界中の演奏家に貸与している。国際交流の礎にと思っているのに、こういうことが相次ぎ残念」と語る。フランクフルト空港では8月、ベルギー在住の堀米ゆず子さんが愛器ガルネリを押収されている。(吉田純子)

k

machikawaco2 について

a TORO lawn mower distributor in Japan
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中